ご予約・お問い合わせ

0120-7-1182-7

0824-62-1182

診療時間
午前9:00~12:00 / 午後14:00~18:30
※土曜日は9:00~12:00まで
休診日
日・祝祭日・第1土曜日

小児歯科
Service

一生自分の歯で食べるために、
乳歯の頃からしっかりとケアをしてむし歯を予防することが、
永久歯の健康状態を保つために大切なことなのです。
乳歯は永久歯にバトンを渡すための大切な役割を持っています。
乳歯はいずれ抜けてしまうものだから、
むし歯になっても大丈夫と考える方もいらっしゃるかと思います。
しかし、乳歯がひどいむし歯になると、
下にできてきている永久歯が上手く育たないことがあります。
また、歯並びが悪くなったり、歯周病になりやすかったり、
全身のバランスがくるい健康にも悪い影響が出ます。

当院のお子様へのサポート
Saport

なかには診療室に入ることさえできないお子さんもいます。
そんなお子さんを歯医者嫌いにしないために、
器具に慣れたり、練習したりする時間を十分とります。

またお子様に合わせた適切な歯みがき方法を指導し、
お子様が「むし歯をつくらないようにしよう」という意識を持つように、
担当衛生士によるお子様一人一人のお口の環境に合わせた予防のプランニングを行います。

お子様の歯並びが少しでも気になっている方は
早めにご来院いただくことをお勧めいたします。

歯並びが悪いまま成長すると、見た目やむし歯のリスクのみならず、
集中力の低下や身体のバランスが崩れて、お口の中以外にも影響を及ぼすことがあります。
早いタイミングでご来院いただき、改善の方法を一緒に探していきましょう。

キッズルーム
Kids room

  • どこの歯医者さんに
    行っても
    治療が難しいと
    いわれたお子さん
  • 「歯医者さんは
    痛くて怖い所」と
    恐怖心がある
    お子さん
  • 病院の中にも
    入れなかった
    お子さん

大丈夫です!そんな子供達が、一人でイスに座って治療できるようになっています!是非一度ご来院下さい。

うちの子は何でできないの?
他の子は出来るのに・・・

お母さん心配しないで。
誰でも最初は怖いのです。

私達は、そんな子供達の気持ちを
少しでも理解しようと心がけています。
無理に治療はしません。
まずは心を開いてもらえるようにスキンシップから。
徐々に打ち解けてきたら、
どうして虫歯になってしまったのか、
どうして治療をしなくてはいけないのか、
理解してもらいます。

小さいから
そんなことわからないわよ。

そんなことはありません。

どんなに小さくても3歳くらいになれば
ちゃんと理解してくれるのです。
そこが理解できれば、
大抵の子供達は小さい体で精一杯頑張るのです。
そして今度は虫歯にならないようにするには
どうしたらいいか一緒に考えます。
当医院では子供達が
少しでも歯医者さんが嫌いにならないよう
スタッフ全員で取り組んでおります。

基本的な流れ
Flow

step
01
初診
カウンセリング

現在お困りのこと、改善したいことをお伺いします。
それが「いつから」「どのような」ものなのか、
また、治療に対してどのようなご希望があるのかなどをお伝えください。
また過去の治療でつらかったことなども教えてください。

不明な点はどのようなことでも遠慮なくおたずねください。

step
02
口腔内検査

お悩みの症状に合わせた検査を行います。
歯科治療で大切なことは原因を取り除くことです。
見た目にきれいでも、原因が取り除けていなければすぐに再発してしまいます。
そのため、いろいろな角度から検査を行い原因を明確にする必要があります。

  • レントゲン撮影
    直接目で見ることができない場所にあるむし歯や歯の神経のトラブルを、低被ばくデジタルレントゲンを使って診断します。また、歯を支えている顎の骨の状態を確認し、歯周病の進行状態も調べていきます。
  • 歯ぐきの検査
    歯周病の進行状況をチェックするため、目盛りのついた専用の器具で、歯と歯ぐきの境目にある歯周ポケットの深さを測定します。歯周ポケットが深ければ、歯周病が進行した状態です。その結果は患者さまにファイルに入れてお渡しさせていただきます。
step
03
セカンド
カウンセリング

検査結果を基に、今後の治療に関して患者さまと一緒にプランをたてます。
これから行う治療を理解・納得していただけるよう説明を致します。
治療に対する疑問点を解消し、患者さまのご要望にお応えできるように、
患者さまとのコミュニケーションを大切にしています。

step
04
初期治療開始

むし歯治療だけでなく、根本から治すために、歯石除去や歯磨き指導もさせて頂きます。
不安なところがあれば治療中に担当歯科衛生士にお伝え頂ければより詳しいご説明などを行います。

治療中くるしくなったら…

『私たちは、皆さまにできるだけ苦しくなく
 治療を受けていただくことを最優先にしております。』

私たちは、皆さまが治療中に苦しくならないよう、
できる限りの配慮をしながら治療を行っておりますが、
もし治療中に苦しいことがありましたら、
治療の最中でも全くかまいませんので、
どうぞ遠慮なく手を上げて教えてください。

こんなときは、治療中でも遠慮せず手を上げて合図してください!

  • 激しく痛むとき
  • 唾液がたまって苦しくなったとき
  • お口を開けていてつらくなったとき
  • その他、苦しくなったときはいつでも
step
05
終了
カウンセリング

治療後「痛いところや違和感がないか」を患者さまと確認し合うことで治療結果を相互確認いたします。
また、その後の定期検診スケジュールや口腔内のメンテナンス方法などを説明し、
患者さまのお口の中を健康に保つためのサポートを行います。

歯が痛くなったら行くのではなく、
日頃から定期的に健診を受けるということが、歯の健康のために 非常に大切です。

トップへ戻る